調剤薬局での「調剤の流れ」に
ついてご紹介します。
受付機

受付

医療機関から発行された処方箋を患者さまからお預かりして、処方箋の記載事項などを確認します。
初めての方には、初回質問表を使って既往歴や副作用歴等を確認します。

初期監査

お薬を安全に服用頂くために、お薬を準備する前に以下の項目を確認致します。

①患者さまの体質・アレルギー歴・副作用歴などの患者さまについての情報の記録
②患者さま又はそのご家族などからの相談事項の要点
③服薬状況
④残薬状況
⑤患者さまの服薬中の体調変化
⑥併用薬など(一般用医薬品、医薬部外品及びいわゆる健康食品を含む)の情報
⑦合併症を含む既往歴に関する情報
⑧他科受診の有無
⑨副作用が疑われる症状の有無
⑩飲食物(現に患者さまが服用している薬剤との相互作用が認められているものに限る)の摂取状況など
⑪後発医薬品の使用に関する患者さまの意向

記録不備事項や疑義事項があれば、発行元医療機関へ問い合せます。

レセプトコンピュータ

仮入力

レセプト用コンピュータを使って、薬袋、薬剤情報提供用紙、調剤過誤防止システム、会計システムなどの基礎となるデータ作成を行うために、処方内容を仮入力します。
入力ミスの防止を進めるため、2次元バーコード読み取り装置やOCR読み取り装置を導入している店舗もあります。

散剤自動分包機

調剤過誤防止システム

調剤

処方箋に従って、錠剤・散剤・水剤等を調剤します。
錠剤の調剤は、全店に導入をしている調剤過誤防止システムにより、処方箋の情報と医薬品のバーコード情報を照合して、万一取り間違いがあっても音で警告してミスを防止します。
医薬品を充填する場合にもこの端末を利用することで充填ミスも防止することができます。
散剤の調剤は、全店に配備された散剤監査システムで秤量記録を残し、常用量や小児薬用量への適正を監査します。
調剤過誤防止システムと、処方データとの連動した監査も行います。
必要があれば、薬の一包化や粉砕等を行い、患者さまの服薬支援に努めます。

最終監査

調剤が終了した医薬品の最終確認を行い、正しい医薬品が調剤されているかをしっかりとチェックします。
分包機により分包された薬も、1包ごとに中身をチェックします。
薬の数量と形や色、錠剤の刻印も正確に確認します。
また、過去の薬歴と照らし合わせて処方内容の最終確認も行います。

電子薬歴

投薬カウンター

服薬指導
薬歴記録

患者さまとのお話はプライバシーに配慮しながらパーテーションで区切られたカウンターで行います。
お渡しするお薬について、薬学的な観点から患者さまの症状を確認し、安全かつ効果的に服用していただけるように、効能・効果、用法・容量、服薬上の注意点などをわかりやすく説明します。
薬剤師が説明した内容や、患者さまから得られた情報を電子薬歴に記録します。

後会計システム

入力確定
会計

お薬をお渡しするときには患者さま自信にもお薬の内容を確認していただき、間違いないことを最終的に確認します。
会計は厚生労働省の定めた調剤報酬基準に従い、情報提供や薬学的管理の内容に応じて確定します。