たんぽぽ薬局株式会社

文字サイズ

在宅医療への取り組み

在宅医療への取り組み

調剤したお薬を、
在宅患者さまのお宅までお届けしています。

超高齢社会が進むなか、御自宅や施設など(医療機関以外)で治療される患者さまに対して、たんぽぽ薬局では在宅患者訪問薬剤管理指導(居宅療養管理指導)への取り組みを積極的に行っています。
(2018年11月時点で100店舗、同年度上半期でのべ約6万人の患者さまに実施しております)
在宅患者さまのお宅へ処方箋をもとに調剤した薬をお届けし、患者さまの立場や環境に沿ったきめ細やかで個々に合った服薬指導を行うことで、ご本人の治療する意欲を向上させ、薬物治療効果を高めることに努めています。
訪問後はお薬の服用状況や効果・副作用の発現のみならず、睡眠や食事・居住環境といった生活の状態まで医師及びケアマネジャーへフィードバックし、総合的な「人」としての患者の情報を共有する事で、日々の生活をより充実した物にしていただくためのお手伝いをさせていただいています。
また、訪問看護ステーションや訪問介護職員などの他職種、および地域包括支援センターや民生委員といった行政関係者とも連携を取り、地域包括ケアシステムの構築のためチーム医療の一員としての機能を担っています。

topへ