たんぽぽ薬局株式会社

文字サイズ

薬局経営について

薬局経営について

環境

1974年の「医薬分業」政策導入後、1990年ごろから加速度的に「医薬分業」が推進され、現在の医薬分業率は7割を越えました。現在ではコンビニより多い6万店舗弱の薬局が地域医療を支えておりますが敷地内薬局の解禁、調剤報酬の減額等に伴い、薬局は大変厳しい経営環境となりつつあります。
近い将来、国は薬局の機能を高め、再編を促す施策をとるため、国が示す地域密着型や高度薬学管理型に向けてさらに高度な薬局の要件を超えていく必要があります。

薬局の譲渡について

今後ますます調剤薬局経営が厳しくなると見込まれる中、経営者の方々にとって事業譲渡を検討することも非常に大切な選択肢の一つであります。
しかし、店舗を閉店することにより、店舗に来局されている患者さまや店舗で働いている従業員や処方箋を発行している医療機関に最終的に迷惑がかかってしまう等様々な問題を生じます。また信用できる譲渡先をさがすことは、非常に時間や労力を要します。そこで弊社では医薬品の在庫処分、リース品の継承、固定資産の売却、賃貸借契約の譲渡などに対し、これまで培った経験とノウハウや幅広いネットワークにより最善の案をご提案したいと考えております。
経営者の方々の目線に立ち、最も有益となるご提案をいたします。

後継者がいない
定年を過ぎ、そろそろ経営を誰かに渡したいが、後継者を育てる暇がなかった。
ハッピーリタイヤ
今まで仕事に没頭し、自分や家族のために時間をつくることができなかった。これからの人生はプライベートや家族のために使いたい。リタイヤ後の安定した生活を送りたい。
新たなビジネスに参入したい
今後の薬局業界は非常に不安定であり、ますます複雑化を増すため、店舗を譲渡して新たなビジネスに参入したい。
その他諸事情
薬剤師採用費用が非常に高額な上、薬剤師不足のため閉店を検討しなければならない。突然の従業員の退職により、店舗を運営できない。高額賃借料で家主さんと契約してしまった為、採算が取れない等。

上記等のご相談・ご質問がございましたら、
薬局経営に関する相談フォームよりご相談ください。
弊社担当者からご連絡申し上げます。

薬局経営に関する相談フォーム
topへ