たんぽぽ薬局株式会社

文字サイズ

事業紹介

事業紹介Business overview

たんぽぽ薬局は1995年(平成7年)10月2日の創業以来、日本の医療を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を果たすべく医薬分業を追求し、積極的に調剤薬局事業を行ってまいりました。
医薬分業が当たり前となった現在、薬局は24時間対応や在宅対応など「かかりつけ薬剤師・薬局」の基本的な機能を備えた上で、地域住民の主体的な健康づくりを積極的に支援する「健康サポート薬局」へと変化しています。
たんぽぽ薬局は、超高齢社会に向けて変化する「かかりつけ薬局」として、地域医療と患者さまの健康のサポートを行ってまいります。

かかりつけ薬局

「かかりつけ薬剤師」とは、薬や健康についていつでも気軽に相談できる、患者さまや地域の皆さま専属の薬剤師です。また、そのような薬剤師が活躍する薬局を「かかりつけ薬局」といいます。たんぽぽ薬局では、経験や知識など一定の基準を満たした多くのかかりつけ薬剤師が活躍しています。皆さまの健康をサポートする「かかりつけ薬剤師」をぜひご指名ください。

詳細はこちら

在宅医療への取り組み

超高齢社会が進むなか、たんぽぽ薬局では在宅患者訪問薬剤管理指導(居宅療養管理指導)への取り組みを積極的に行い、地域包括ケアシステムの構築のためチーム医療の一員としての機能を担っています。

詳細はこちら

在宅介護支援事業のご紹介

患者さまのご要望に応じて、介護用品のレンタル事業を行っている グループ会社の株式会社トーカイをご紹介致しております。

http://www.tokai-corp.com/silver/

薬薬連携

保険調剤薬局と病院薬剤部が患者さまのお薬に関する副作用、使用状況などの情報について連携を取り合いながら共有することで、外来や入院、医療用医薬品やOTCを問わず、お薬での治療が安全かつ有効に行なわれるようサポートします。

患者さまニーズを反映したお店づくり

topへ