社会貢献活動・
寄付活動など

  1. HOME
  2. 会社情報
  3. 社員と社会への取り組み姿勢
  4. 社会貢献活動・寄付活動など

たんぽぽ薬局は「日本骨髄バンク」を応援しています

「日本骨髄バンク(公益財団法人 日本骨髄バンク 齋藤英彦理事長)」は、白血病などの重症血液難病で苦しんでいる患者さまを骨髄・末梢血幹細胞移植によって救う為、日本赤十字社、地方公共団体等と連携して活動する財団として1991年に設立されました。
骨髄・末梢血幹細胞移植件数は年々増加しており、昨年1年間で1,200件以上おこなわれ、ドナー登録者数は2020年2月末で52万人に達しました。
しかし、少子高齢化が進んでいる日本では、適合するドナーがみつかる患者が少なくなっているのが現状です。
こうした中、日本骨髄バンクでは、一人でも多くの患者さまに骨髄・末梢血幹細胞移植を受けるチャンスが広がるよう取り組んでいます。
たんぽぽ薬局は処方箋受付1回につき1円を弊社の売上げから日本骨髄バンクに寄付し、一人でも多くの移植を必要とする患者さまのお力になるべく、社会に貢献して参ります。
また、2015年3月より骨髄バンクにドナー登録を行う従業員が、実際に提供を行うこととなる場合に、10日間を限度に休暇を取ることができる「ドナー休暇制度」を導入し、社内でのドナー登録普及を図る制度を整えました。

2009年10月から寄付を開始し、2020年3月末現在の累計寄付金額は26,603,933円となりました。

メイク・ア・ウィッシュ  ~難病の子供の夢をかなえるお手伝い~

夢を持つこと、夢に向かって努力することは人に勇気を与え、笑顔を輝かせます。
難病と闘う子どもたちにも、夢をかなえる素晴らしさを知ってほしい、そんな願いから「メイク・ア・ウィッシュ」は全世界で活動しています。
たんぽぽ薬局では同団体の活動主旨に賛同し、2006年度以降、募金箱を本社・全店舗に設置し、広く募金活動をしています。
2018年度は500,480円の募金全額を同団体の日本支部に寄付し、13年間の累計寄付金額は3,036,207円となりました。
この度、同団体から特別感謝状を受贈しましたのでご紹介します。
日本骨髄バンクへの支援同様、今後とも積極的に協力して参ります。

被災地支援

避難所へ生活必需品と救急用品を届けるボランティア活動にも積極的に参加しています。
また、災害が起きた地域の医療機関の復興を支援するための薬剤師を積極的に育成・サポートしています。2018年7月に発生した西日本豪雨においても、たんぽぽ薬局の薬剤師がJMATの一員として活動しました。

寄附講座

たんぽぽ薬局では、教育・研究機関の寄附講座や共同研究を通じて薬学分野の研究発展に貢献する取り組みを行っています。

講座名高度薬学情報管理学
大学名藤田医科大学医療科学部 先進診断システム探索部門
URLhttp://www.adsrl-fhu.com/yamamura/
概要「高度薬学情報管理学」では高度薬学機能を有する「かかりつけ薬局」と在宅医療に必要とされる高度で専門的な薬学的思考を基盤とした、先駆的な医療薬学研究を展開することを目的として2019年4月に設立されました。大切な命を救う薬に正しい情報を付けて患者さんに安全に使っていただくことで薬は本来の効果を発揮することができます。薬局から医薬品情報のエビデンスを発信することで地域医療の中での薬剤師の役割を明確にし、国民から頼られる薬局の実現を目指します。

産学金連携

OKB大垣共立銀行、中部学院大学、㈱トーカイ との連携によるセミナー

福祉・医療・教育分野の発展に向けた産学金連携活動を推進し、地域社会の発展への寄与を目指しています。

共同研究

共同開発した通信タグ

薬局―患者さま宅間の離れた場所でもお薬の服⽤状況を管理できるシステムをエーザイ㈱および㈱カナエと共同開発。
これを利⽤して服薬期間中のフォローアップにつなげることを⽬指しています。

© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved