Store店舗・設備の紹介

Store店舗紹介

店舗スタイル

クリニック前や敷地内薬局から、総合病院前や医療モール型まで、たんぽぽ薬局の店舗スタイルは、とっても多様。
地域医療に根差した、患者さまのための薬局づくりであることはもちろん、薬剤師となる皆さんにとっての多彩なフィールドでもあるんです。
すべてのフィールドに対応できる薬剤師となるのか、いずれかの機能のスペシャリストになるのか、それは皆さん次第。
ここでは、それぞれの地域のこだわりの店舗をご紹介します。

東海エリア

調剤売上No.1で、どこの薬局よりも地域に密着。
最先端機器や特色のある店舗が豊富!多様な店舗スタイルだからこそ、経験が積めるエリア

関西エリア

総合病院前でも地域連携にも取り組める店舗が多数!
テレフォンフォローアップの取り組み数最多のエリア

四国エリア

全てが総合病院前の店舗だからこそ、学びたい・成長したい・資格に興味ある方にはピッタリ!
近隣の店舗が近いからこそ連携が取れるのも強み。店舗の枠を超えた結束の強いホットなエリア

Facility設備紹介

画像をクリックタップすると、拡大画像と説明文が表示されます。

  • 全自動錠剤分包機

    開始ボタン一つで薬剤をばらすことなく自動で錠剤を一包化。外来や在宅など多くの場面で活躍しています。搭載できるカセット数の多さから、ジェネリックの普及による一包化する薬剤の種類の増加にも対応。薬剤をばらす機会の減少は業務の効率化、リスク防止にもつながっています。カセット誤挿入を防止してくれる安心システムや様々な印字機能も搭載。

  • 散剤自動分包機

    測り取った散剤を素早く正確な量に自動分配するので、短時間で安心して患者さまへお薬をお渡しできます。処方せんの入力情報と連動しているため氏名や用法などの印字内容の入力も必要なく、印字ミスを防止してくれます。錠散一包化も可能で様々な要望にも対応できます。

  • 調剤過誤防止システム

    処方せんの入力情報と実際にピッキングする薬を照合してくれるツールです。 ピッキングだけでなく、薬剤の充填ミスを防止するためにも活用しています。 たんぽぽ薬局独自の運用ルールに沿って使用することで徹底してリスクを減らす環境につながっています。

  • 自動軟膏練り機

    皮膚科の処方で多い軟膏の混合調剤を自動で行います。たった30秒でムラなく混合が可能で大幅な時間短縮につながっています。

  • 自動錠剤半切機

    錠剤の半割を自動で行います。半錠の予製剤作成や処方医の細かい用量調整にも対応することができます。 全自動錠剤分包機に使用しているカセットをそのまま使用することができます。

  • 電子薬歴

    患者さまに安心して薬剤を服用してもらうために、電子薬歴によって服用歴、副作用歴などの情報共有や薬剤の相互作用チェックを行っています。 また電子薬歴の活用により、かかりつけに必要な薬剤の一元的・継続的管理を実現しています。

  • 自動調剤棚

    素早く正確に、機械が自動で調剤。その間、薬剤師は一包化や軟膏調剤などの手間のかかる業務に集中できるため、患者さまの待ち時間軽減と薬剤師の業務効率化につながっています。

  • POSレジ

    会計はバーコードスキャンで対応。手打ちによるミスを軽減しています。セルフメディケーション税制の対象医薬品にも対応しています。

  • 音声認識薬歴作成支援システム

    音声入力でスタイリッシュに薬歴記入。マイクに向かって話すだけで文字を入力し、簡単に薬歴を作成できます。薬歴作成に特化した辞書を搭載し、難しい医療用語やお薬の名前もスムーズに変換。 単語登録機能やテンプレート機能もあります。音響学習機能を搭載しているため、使用を重ねる度に音声認識精度がアップします。

  • 多言語対応のための翻訳機

    海外からの労働者をはじめ、医療ツーリズムへの対応など、多言語への対応をおこなっています。

  • 通信タグ

    薬局―患者さま宅間の離れた場所でもお薬の服用状況を管理できるシステムをエーザイ㈱と㈱カナエと共同開発。これを利用して服薬期間中のフォローアップにつなげることが期待されています。

  • 電子お薬手帳

    スマートフォンで長期的な薬の管理が可能に。写真を利用した調剤予約やマルチユーザー機能、服用アラーム機能も搭載。医薬情報が病院などと共有できるようになる時代を見据えて、導入しています。

  • OTC販売スペース

    市販薬はもちろん健康に優しい食品などを販売中。限られたスペースでも商品の見やすさ、手に取りやすさを考え、患者さまの目線に合わせるなど、陳列にも工夫を凝らしています。

  • e健康ショップ

    通販のようにOTCを注文後、商品が店舗に届くシステム。患者さまの症状の訴えに応じて、必要なOTCを専用サイトで薬剤師と患者さまが一緒に選ぶことができます。

  • キッズルーム

    ボーネルンドの⽊の玩具や0歳から⼩学校2年⽣までの年代別のベストセラー絵本をそろえ、お子さまに待ち時間を楽しんでいただけるようにしています。天井にはハンサのぬいぐるみを取り付け、⾮⽇常な空間を作り出しています。 こちらが、現在のたんぽぽ薬局キッズルームの原型となっています。

  • こだわりソファ

    ひじ掛けをはね上げるとベッドになるソファを設置しています。体調が悪い⽅に横になっていただけます。また、⾼齢者や整形外科の患者さまが使いやすい奥行き幅や背もたれ角度に設計されたソファも置いています。

  • 流⾏性疾患の⽅のスペース

    カーテンで仕切ると、インフルエンザの患者さまなどの臨時の待合スペースとして利用できます。

  • 流⾏性疾患の⽅の待合室

    インフルエンザの患者さまなどにお待ちいただく待合室です。流⾏性疾患の⽅には⾞の中でお待ちいただき、お薬をお届けすることもあります。

  • スロープ

    車いすの方でもご来店いただけるように、スロープを設置しております。

  • トイレ

    車いすの方でも利用しやすい広さを確保し、赤ちゃんや幼児のためには、ベビーベッドやベビーチェアを設置しております。

  • お渡し台

    投薬カウンターは、お隣とのプライバシーに配慮した間仕切りや、相談コーナーを設置しております。