たんぽぽ薬局でできること

  1. HOME
  2. たんぽぽ薬局でできること

より便利に、より快適に、ご利用いただくために、
さまざまなシステムの整備や店舗環境の充実を図っています。

FAXでの処方せん受付

事前に処方せんをお送りいただくことにより、お薬のご用意が早めにでき、お客様に店頭でお待ちいただく時間を短くすることができます。

  • 処方せん発行日から4日以内に処方せん原本を持参してたんぽぽ薬局にお越しください。

オンライン服薬指導とは

ご自宅など現在お住いの場所で、モニターを通して医師の診察(オンライン診療)を受けた患者さまを対象に、薬剤師もモニターを通してお薬の説明や指導をさせていただきます。
オンライン服薬指導を利用することで患者さまは、来局の負担が減り、プライベートが守られリラックスした環境でお話しすることができます。また、コロナなどの感染症罹患のリスクも軽減されます。お薬は服薬指導後に郵送致しますので、ご自宅にいながらお薬を受け取ることができます。

処方せん送信アプリの紹介

「ヘルスケア手帳」は無料のスマートフォンアプリです。処方せん送信機能を利用すると薬局での待ち時間が短くなります。
お薬ができ上がるとお知らせをする機能もありますので、ご都合のいい時間に取りに行くことができます。
紙のお薬手帳を忘れてもスマートフォンがあれば安心。全国どこでも使えるお薬手帳です。

  • 「ヘルスケア手帳」はPHCホールディングス株式会社の登録商標です。

こだわりの店づくり

  • キッズルーム

    ボーネルンドの⽊の玩具や0歳から⼩学校2年⽣までの年代別のベストセラー絵本をそろえ、お子さまに待ち時間を楽しんでいただけるようにしています。天井にはハンサのぬいぐるみを取り付け、⾮⽇常な空間を作り出しています。 こちらが、現在のたんぽぽ薬局キッズルームの原型となっています。

  • こだわりソファ

    ひじ掛けをはね上げるとベッドになるソファを設置しています。体調が悪い⽅に横になっていただけます。また、⾼齢者や整形外科の患者さまが使いやすい奥行き幅や背もたれ角度に設計されたソファも置いています。

  • 流⾏性疾患の⽅のスペース

    カーテンで仕切ると、インフルエンザの患者さまなどの臨時の待合スペースとして利用できます。

  • 流⾏性疾患の⽅の待合室

    インフルエンザの患者さまなどにお待ちいただく待合室です。流⾏性疾患の⽅には⾞の中でお待ちいただき、お薬をお届けすることもあります。

  • スロープ

    車いすの方でもご来店いただけるように、スロープを設置しております。

  • トイレ

    車いすの方でも利用しやすい広さを確保し、赤ちゃんや幼児のためには、ベビーベッドやベビーチェアを設置しております。

  • プライバシーに配慮

    投薬カウンターは、お隣とのプライバシーに配慮した間仕切りや、相談コーナーを設置しております。

© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved