地域の健康への貢献

地域コミュニティでの市民講座の開催

ご依頼をいただければ、地元の皆さまが集まる会合や高齢者施設にて薬剤師や管理栄養士、健康予防管理専門士による市民講座やセミナーを実施することができます。

お薬の正しい飲み方、食品との飲み合わせ、認知症等、ご希望のテーマにあわせて実施いたします。

認知症サポーターの養成

認知症サポーターとは、「認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域や職域で認知症の人や家族に対してできる範囲での手助けをする人」です。
たんぽぽ薬局では、新入社員研修の中で認知症サポーター養成講座を受講し、その証である「オレンジリング」を身につけ、認知症の方やそのご家族にやさしく、住みやすいまちづくりを目指しています。

各種啓発活動

11月14日の世界糖尿病デーでは、全国各地で著名な建造物などがブルーにライトアップされ、街頭での啓発活動が実施されています。
たんぽぽ薬局は、糖尿病の予防・治療継続の重要性を周知するため、 『世界糖尿病デー』のポスターを掲示して、店舗ごとにさまざまなイベントを開催、啓発活動に取り組んでいます。

キッズ薬局・職場体験の開催

たんぽぽ薬局では近隣の小中学生を対象とした「キッズ薬局」や「職場体験」を開催しています。
ラムネ等のお菓子をお薬に見立てて、薬局で働く薬剤師の仕事を実際に体験することができ、働くことの意義の理解を深め、将来の進路への意識を高めます。
あわせて、薬局の役割や活用法・正しいお薬の飲み方なども伝えていくことで、地域の健康増進に繋げていきます。

学校薬剤師としての活動

学校の飲料水、プール水や教室の空気、明るさ等が適切に管理されているか等、直接学校に出かけて学校環境衛生検査に従事する学校薬剤師としての活動も実施しています。
また、喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育やお薬の正しい使い方の指導等、健康相談、保健指導なども行います。

© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved