お薬を受け取るまで

調剤薬局での「調剤の流れ」についてご紹介します。

  1. 受付

    医療機関から発行された処方せんを患者さまからお預かりして、処方せんの記載事項などを確認します。初めての方には、初回質問表を使って既往歴や副作用歴等を確認します。
    FAXや処方せん送信アプリでの受付も行っています。

    FAX・処方せん送信アプリについて

  2. 初期監査

    処方せんの内容、お薬手帳、薬歴を確認し、処方されているお薬が適切かどうか確認します。
    必要に応じて、処方医に問い合わせをする場合があります。

  3. 仮入力

    処方せんの内容をパソコンに入力します。
    保険情報に変更がないかの確認もします。

  4. 調剤

    処方せんに基づいて調剤します。たんぽぽ薬局では全店に導入している調剤過誤防止システムにより、ミスを防止しています。
    また、さまざまな調剤機器やシステムを導入し、安全なお薬の提供や待ち時間短縮に努めています。

    ICT化について

  5. 最終監査

    調剤が終了した医薬品の最終確認を行い、正しい医薬品が調剤されているかをしっかりとチェックします。また、過去の薬歴と照らし合わせて処方内容の最終確認も行います。

  6. 服薬指導

    お渡しするお薬について、薬学的な観点から患者さまの症状を確認し、効能・効果、用法・用量、服薬上の注意点などをわかりやすく説明します。

  7. 薬剤交付・会計

    お薬をお渡しするときには、患者さま自身にもお薬の内容に間違いないことを最終的に確認いただいた後、お渡しいたします。
    会計は厚生労働省の定めた調剤報酬基準に従い、情報提供や薬学的管理の内容に応じて確定します。
    お薬手帳にお薬の内容を記載し、お返しします。
    会計時にお渡しする薬剤情報提供文書には電子お薬手帳にお薬情報を読み込むQRコードを記載しています。

  8. 薬歴記録

    薬剤師が説明した内容や患者さまから得られた情報を電子薬歴に記録します。
    お電話でのフォローの際や次回の来局の際には、薬歴を参照し、適正な調剤や服薬指導を行っています。

© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved