かかりつけ薬剤師

かかりつけ薬剤師を活用する5つのいいこと

  1. MERIT 01ご指名いただいた薬剤師が
    いつも専任で対応

    担当の薬剤師が、服用されているすべてのお薬の内容をまとめて管理し、飲み合わせ等をチェックし専任で対応します。

  2. MERIT 02いつでもご相談に応じます

    開局時間外でも、お電話にて副作用等お薬に関するご相談に応じます。

  3. MERIT 03医療機関と連携して
    継続サポート

    担当の薬剤師が、服用後の体調変化も継続して見守ります。必要に応じて、処方医へフィードバックして、処方提案等も行います。

  1. MERIT 04検査値についても
    ご相談ください

    担当の薬剤師が、検査値に関するお問い合わせにも丁寧に対応します。検査結果はお薬の効果や副作用のサインとなることがあります。

  2. MERIT 05健康食品・市販薬、
    その他介護のご相談も

    お薬のことだけにとどまらず、サプリメントや健康食品、市販薬のこともまとめて管理します。健康に関すること、何でも気軽にご相談ください。

かかりつけ薬剤師を持つためのステップ

  1. STEP

    まずはかかりつけ薬局を
    決めましょう

    普段から何でも相談できる「かかりつけ薬局」をお持ちですか?
    複数の薬局に行くのではなく、いつでも気軽に相談できる顔なじみの薬剤師がいる「かかりつけ薬局」を一つ決めておくことが大切です。

  2. STEP

    かかりつけ薬剤師を
    指名します

    かかりつけ薬剤師は、普段からお薬や健康のことを気軽に相談できる薬剤師であることが重要です。
    例えば、お薬のことで薬局を訪ねたとき、対応してくれた薬剤師と顔見知りになって、ぜひこの薬剤師に専属で対応してほしいと思ったことはありませんか?指名したい薬剤師が見つかったらすぐにお声掛けください。

  3. STEP

    かかりつけ薬剤師を
    持つための
    手続き

    この制度について丁寧に説明させていただいた後、同意書に署名をいただき、次回よりかかりつけ薬剤師として担当をさせていただきます。

よくある質問

Q かかりつけ薬剤師を指名すると費用は発生するのですか?

A 「薬剤服用歴管理料」の代わりに「かかりつけ薬剤師指導料」として次回から60~100円(3割負担の場合)をお支払いいただくことになります。
ただし、服用されている薬に関する新しい情報のお知らせや開局時間外でのお問い合わせへの対応、薬剤師が必要と判断して医療機関へフィードバックした場合等において、通常お支払いいただく費用がかからずに、サポートを受けられます。

© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved