ICTの導入

積極的なICT活用

安全な調剤を目指して

電子薬歴や調剤過誤防止システムをはじめ、最新の機器を導入・活用することで、より安全な調剤のみでなく、待ち時間短縮など患者さまの利便性向上を実現しています。

  • 散剤自動分包機

  • 全自動錠剤分包機

  • 調剤過誤防止システム

  • 自動軟膏練り機

  • 自動錠剤半切機

  • 電子薬歴

  • 自動調剤棚

    素早く正確に、機械が自動で調剤。その間、薬剤師は一包化や軟膏調剤などの手間のかかる業務に集中できるため、患者さまの待ち時間軽減と薬剤師の業務効率化につながっています。

  • 音声認識薬歴作成支援システム

    音声入力でスタイリッシュに薬歴記入。マイクに向かって話すだけで文字を入力し、簡単に薬歴を作成できます。薬歴作成に特化した辞書を搭載し、難しい医療用語やお薬の名前もスムーズに変換。 単語登録機能やテンプレート機能もあります。音響学習機能を搭載しているため、使用を重ねる度に音声認識精度がアップします。

  • 多言語対応のための翻訳機

    海外からの労働者をはじめ、医療ツーリズムへの対応など、多言語への対応をおこなっています。

  • POS レジ

    会計はバーコードスキャンで対応。手打ちによるミスを軽減しています。セルフメディケーション税制の対象医薬品にも対応しています。

  • 通信タグ

    薬局―患者さま宅間の離れた場所でも薬の服用状況を管理できるシステムをエーザイ㈱と㈱カナエと共同開発。これを利用して服薬期間中のフォローアップにつなげることが期待されています。

  • 電子お薬手帳

    スマートフォンで長期的な薬の管理が可能に。写真を利用した調剤予約やマルチユーザー機能、服用アラーム機能も搭載。医薬情報が病院などと共有できるようになる時代を見据えて、導入しています。

社会環境変化への今後の対応方針

医療連携ネットワークの活用と強化

既存サービスを活用するだけでなく、主要医療機関と連携し周辺医療機関に展開するサービスの構築を目指しています。

ICT・IoT を積極的に活用し、医療の効率化と質の向上

  • ウェアラブル端末活用による患者さま情報一元化と変化把握
  • AI技術を用い、より精度の高い服薬指導を実現
  • 電子処方せんへの対応
  • 遠隔服薬指導の実施によるノウハウを活かし、オンライン環境における服薬相談・服薬管理など、服薬をフォローするサービスの展開
© Tanpopo Pharmacy composition.All Rights Reserved